不登校になったときに感じること~現役高校生の体験~その2

 こんにちは!

だいぶ長くなったので、途中で切って2回に分けました。

前回のを見たい人は、下のリンクを見てください。

kobayashinitya.hatenadiary.jp

 

またRakutenBLOGでは、私が本を読んで参考になったものをのせてます。

是非合わせてご覧ください。

plaza.rakuten.co.jp

 

 

続きを書きたいと思います。

 

4.私の決断

 3の続きにもなりますが、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング) を受けて、自分の気持ちなどを理解して、対人関係を楽にさせるようなスキルを身につけないと・・・SSTを受けました。

 

SSTとは?

社会の人とのかかわりや対人関係などについて、臨床心理士の方と

学んでいくことです。

詳しくは下のリンクで

h-navi.jp

相手がどのようなことを考えているのか?

その時自分はどう思うのか?

とかを考えていました。

SSTを受けている中学生はあんまりいないので、

どうするか迷いましたが、今の現状を変えたいと思い、1年間ぐらい続けました。

 

また、中学校は中高一貫校だったので、出席日数のことを学校側から言われ、

出席日数が足りないという風になりました。

 

公立の高校は義務教育なので、極論学校に行かなくても、中卒は取れるんですよ。

だから、公立に転校してください。といったことを言われ、結局、公立の中学校に転校しました。

 

多少、環境をかえたら不登校もなおるのではないか?とも思ったが、

転校して、2~3 日で学校に行かなくなりました。

そんな中、勉強だけは遅れたくないと思い、テストだけは学校に行って受けてました。

塾とか行って、結構勉強の方は上位でしたね。(笑)

たぶんまともに学校に行って、授業を受けていた人にとっては、羨ましがられるかもしれませんが、

こっちはこっちで、大多数の人みたいに学校に行けないという問題に悩んでました。

 

そして、フリースクールに通ってました。

私とよく似た境遇の人がいて、自分だけではないんだと思って、不安が少しなくなりました。

ここで、たくさんの経験が積めて、改めて、良かったなと思います。

 

5.まとめ

今回2回に分けて、不登校になった経験者目線でいろいろなことを語ってきました。

自分の経験を発信していくことで、何か自信がつく人がいればいいなと思います。

また質問とか共感された方はぜひTwitterもやってます。

twitter.com