Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!

不登校 中学生の時 勉強(高校生)

 私は、現在高校生です。

中学生の時は不登校でした。

そこそこ学校に行ってますが、周りの人のように、中学生の時はあまり学校に行ってなかったので、その中では、休みがちですが……

 

今回、私が中学生の時に不登校だった経験を一部話してみたいと思います。

私は、中学受験をして、中高一貫校に行きました。

中学1年生の時はふつうに、学校に行ってましたが、

中学2年生の時に、担任の先生と合わなくなり、次第に学校に行かなくなりました。

 

学校に行けなくなると、朝起きるのが苦痛で、昼夜逆転になったり、朝、吐き気がずっと毎日あったりしてました。

 

でも、中学は不登校では、学校の授業を受けておらず、出席日数が足らないこともあり、中学校を効率に転校することになりました。

その決断は今でも正しかったのかわからないです。

 

学校をやめずに不登校を解消して、ムリに学校に行っていたら、でもそんなことを続けることも自信がないし……

 

結局今ではそのことに対して後悔はなくなりました。

 

自分の決断である。。。

自分でこんなに大きいことを初めて決めました。

 

そして、公立に転校しました。でも、すぐに行けなくなりました。

その時にわかりました。環境を変えてもあんまり気分も変わらないなということでした。

 

でも、勉強だけは、高校生になったらやり直すんだ、と思い、勉強を自分でやりました。

テストだけは、行ってました。

中学生では、成績は上位にいました。

 

そして、自分の居場所を作るため、フリースクールに行きはじめました。

自分と同じ経験の持った同級生もいて、自分だけではないんだ、と感じて自信が付きました。

 

一年半そのフリースクールに行き、学校はテストだけ、を貫いていきました。

フリースクールの人たちは、みんな付属の通信制の高校に受験する見たいでしたが、自分は学力的にも全日制の高校でもう一度心機一転頑張ってみようと思い、

高校受験をしました。

 

受験はあまり本格的にはできませんでしたが、合格しました。

内申点は学校に行ってなかったので、保健体育は悪かったり、ほかの強化も点数に比べると主要強化などは5段階中4だったりしました。

 

でも、高校は果たして今まで通り不登校になるのかな~という不安はありました。

実際に今でも毎日不安です。

でも、高校生になってプログラミングを勉強し始めて、自分の好きなことをやってます。

企業にも研修に行ったり、自分で学んだり、して結構夢中になれます。

好きなことをすることで、だいぶ気がまぎれるので、趣味など熱中できるものを持ってほしいです。

 

でも、頑張って学校に行こうと思います。

自分とよく似た経験をされているかたに対して少しでも自分の経験が役に立ってほしいです。