Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!

不登校の人・周りの環境の大切さ

期末テストが近づいてきました。

高校1年なんで中学生の時みたいにはいかないな。

結構ヤバい!

あんま最近学校行けてないんだよな。

心療内科行ったりしてるけど、薬飲んだりしてるけど、

ストレス発散って結構ないんだな。

 

プログラミングもエラーばっかで好きだから続けられるんだけど、結構神経使う趣味だしな。

 

パット吹き飛ぶ感じでもないし、、、

結構プログラミングってモンモンとするね

 

ところで、私の近況を報告したところで

 

本題に入ろうかな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私が中学生のときの連休後に不登校になりました。

 

連休後って結構不登校になりやすいんですよ。

普通の人でも、明日学校に行くのが荷が重い、といった感じになるので、

普段から学校に行きづらい人はもっと、行きづらくなるんで、

 

連休後ずるずると休みがちになっていく人が多いです。

 

私もゴールデンウイークの後からだったので…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

また、中学生の時は担任の先生の影響や親の影響、学校の友達の影響

によって不登校になる人もいます。

 

周りの人たちとうまくいかなかったときにその環境の中に入りたくなくなります。

 

そうするとだんだん学校に行きたくなくなっていくと思います。

 

自分の場合は、色々なことが重なって行きづらくなりました。

 

担任の先生とあまりうまくいかず、呼び出されて、いろいろ根掘り葉掘り聞かれるのが、苦手で、

 

結構自分からしゃべる分にはいいんですが、いっぱい聞かれるのは堪えられなくて…

 

 

だから思うんです。

将来、絶対心理カウンセラーの資格とろうかと!!!

 

相手の気持ちやサインを読み解けたら、相手に関しても信頼されるし、

自分も相手のことがわかるようになると、相手にどう対処すればいいの

かがわかるので、自分も楽になると思うからです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、言いたいことは

学校のスクールカウンセラーだけでなく、学校の先生やほかのコミュケーションが苦手だなと思う人は資格まではいわなくても

興味を持ってほしいです。

 

私は中学生の時にSST (ソーシャル・スキル・トレーニング)を

1年間くらい受けました。

 

その時には、相手の気持ちを考える。自分の気持ちを考える。

 

いままで、自分がつらいと思うことさえなかったが、見つめなおす方法などなど

 

を勉強しました。

そして、少しは自分の気持ちや相手の気持ちがわかるようになり、

色々な人と話せるように

初対面の大人とも普通に話せるようになりました。

 

いままで中学生の時は初対面の人とはすごい緊張して、今みたいに活動的ではなかったんですが、

 

相手のこともだんだんわかりだすと、勇気が出てきて、

 

初対面の人とも話せるようになったんですよ。

 

 

でも、考えすぎてしまう性格なのかもしれず、今自分の身が持たないです。

 

対処法考えます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

つまり、周りの環境が重要で、自分も変えていく(成長していくうちに代わっていくのですが…)

ことが必要です。

 

なにか聞きたいこと・興味を持ってくださったら、Twitterをやってます。

@kobayashinitya

です。