Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!





高校生 WISC Ⅳを受けた時の感想

mensa.jp

 

 

 

私は中学生の時にSSTをうけてその前に

 

WISC Ⅳを受けました。

そのことについて話したいと思います。

 

それはIQを計るためのものであり、

わたしはそれを中学2年の時に受けました。

 

その結果はグラフ化されて、自分の苦手なことや得意なことが

分かり、結構、今まで、自分が苦手なことがわからなかっ

たのですが

 

この検査を受けると、結構わかってきます。

 

私の場合はできるものとできないものの差が激しくて、

はたから見ると

こんな難しいことができるのに、

なんでこんな簡単なことができにくいの?

となったり、

自分でも、なんでこんなことができないのかと

いったことが多く、生きづらさを感じてましたが、

具体的にグラフ化されると

分かりやすく、いい意味で諦めが付きました。

 

 

だから、その経験を生かして、SST(ソーシャル・スキルトレーニング)を受けました。

効果としては、自分の気持ちや相手の気持ちを読み解くことで

自分自身も楽になりました。

 

 

だから、大人の方でも発達検査を受けてみてもいいかと思います。

 

また私は、エゴグラムという検査も受けました。

 

エゴグラムは親と一緒に受けて、自分と比較してみました。

 

全く性格が逆でだからこそやりやすいんかなと思ってみたり、、、

 

エゴグラムからはもっとこうすれば自分の意見を出しやすくなるよ

とか自分の気持ちが楽になるよというアドバイスをくれて、

 

それに結構影響を受けて今の自分があると思います。

 

その時は、自分の気持ちをあまり伝えなくて、つまり自己主張が弱くて、

 

つらかったのですが、

 

そのアドバイスをうけてちょっと変えてみると、少し楽になりました。

 

これは人それぞれ違うので実際に受けてみたほうがいいと思います。

www.nichibun.co.jp

 

簡単にエゴグラムをしたいという方はこちらのリンクを使ってみてください。

エゴグラムによる性格診断