Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!

高校生でもわかるふるさと納税の仕組みとは?

 

​そもそも「ふるさと納税」って何?​

ふるさと納税とは


​個人が納めている住民税の内およそ2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、
年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができます。
寄附する際には、自治体によって寄附金の「使い道」が指定でき、各地域の魅力的なお礼の品をもらえる(ふるさとチョイスより)

 

 
​​難しいことを言いましたが、要するに住民税の2割の額まで寄付ができ、その手数料が2000円で、また寄​付したことで、その地域の特産品(返礼品)がもらえるといった仕組みですね。
​​​
​​​​​​最近では、​ポイント制​といった制度を導入している地方自治体もあります。​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

補足その1ポイント制とは何か?
​​​

​寄附をすると特産品の代わりにポイントが付与され、お好きな謝礼品を選ぶことができます。
​​ポイントを使わずに貯めておき、期間限定の特産品や高額な謝礼品と交換することが可能です(ふるぽより)

 

つまり、寄付するとその地域の特産品(返礼品)をもらえるとともに、ポイントも貰える。

またポイントを貯めると、特産品などの品がもらえる。

一石二鳥どころではない一石三鳥といった感じです。
(住民税が一部控除される・地域の特産品がもらえる・ポイントがもらえて貯めると特産品などがもらえる)

 

補足その2ワンストップ特例とは?

確定申告の不要な給与所得者の方などが「ふるさと納税」を行う場合、1年間の寄附先が5自治体までなら、
確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。
この制度を利用した場合、控除額のすべてが翌年度の住民税から控除されます。
(ふるさとチョイスより)

条件としては​​

  • もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること
  • 1年間の寄附先が5自治体以内
  • 1つの自治体に複数回寄附をしても、1カウント
  • ​​​​申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送

※ 一部の自治体で電子申請を受付けておりますが、基本的にWebからの申請方法はありません。

  • 寄附金税額控除に係る申告特例申請書
  • 個人番号確認および本人確認書類

 

​​​​​年収2000万円を超える所得者や、医療費控除等のために確定申告が必要な場合は、確定申告で寄附金控除を申請してください。


​​​​申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送

※ 一部の自治体で電子申請を受付けておりますが、基本的にWebからの申請方法はありません。

  • 寄附金税額控除に係る申告特例申請書
  • 個人番号確認および本人確認書類 

 

 

サイトについて詳しく説明します

 

ふるさとチョイス

www.furusato-tax.jp

 

さとふる

www.satofull.jp

 

ふるぽ

furu-po.com

 

ふるなび

furunavi.jp

 

一応、4つのサイトのリンク貼っときましたが、

私は個人的に特産品の品揃えが豊富なのはふるさとチョイスかなって思います。

 

でも、個々のサイトは品揃えが豊富な分野がちがうので、

このサイトにはこの商品がなかったが、こっちのサイトにはあった!!!

なんてこともありますので、

色々なサイトを行き来してみても面白いと思います。

 

例えば、パソコンってなかなか特産品でないんですよ。

出たとしてもすぐになくなってしまうのですが、

その時にはふるさとチョイスにはなかったのに、ふるぽにはあった!!!

 

といったこともあったので、色々なサイトみといたがいいですよ~

 

 

ぜひ興味のある方はぜひ見てみてください。