Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!



なんかよく分からなかったから大学について調べてみた〜自分自身に対しての備忘録〜

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/89/Classroom2.jpg

こんにちは!

高校生ブロガーです。

今回は大学について調べてみました。

といっても医学部でしかも私立がメインです。

お金と実績とを総合的に考えます。

 

そもそも私立の医学部ってどれくらい費用がかかるの?

全然知識がなかったため調べました。

018私立医学部学費ランキング 

ishin.kawai-juku.ac.jp

xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.com

 

川崎医大が高いという噂は聞いてたのですが、やっぱりそうなんですね〜

最近はだいぶ安くなってるみたいですが、だいぶ・・・

 

ということで・・・

特待生制度とか奨学金制度ってどうなん?

まだ希望はあります。上記の制度を使えばなんとか行けるという・・・

ということで学校ごとに調べてみました。

自分は関西に住んでいるため関西限定で調べます!

 

大阪医科大学

入学時特待生制度→一般入試(前期)1次試験合格者上位100名かつ当該入試で入学する者に対し、入学手続時に納入する施設拡充費、教育充実費相当額(242万円)を減免する。

研究医枠入試→研究医枠入試合格者2名に対し、教育充実費の全額および授業料総額の2分の1に相当する額を減免する(6年間)。

大阪府地域医療確保修学・研修資金→大阪府地域枠合格者2名に対し6年間、月額10万円を貸与する。

 

なるほどね〜

100人って書いてあるけど、多分国公立も受験してる人が多いからどっちにしても熾烈な戦いだろう・・・

施設拡充費、教育充実費相当額を1年次だけと書いてあるが、それだとあんま変わらないよ(;_;)

あと研究医枠入試もあるらしくてそれも調べてみたが、

医学部医学科 研究医枠入学試験|大阪医科大学 受験生情報サイト

研究医枠入学試験とは

基礎系医学研究の発展と共に、良質の臨床医の養成を支える基礎医学系及び社会医学系教室の人材育成を目的として、本学では平成27年度から研究医枠入学試験を導入しました。
本制度にて入学された方については6年間の正規学費がおよそ半額となる一方、受験資格、合格した際の入学確約、誓約書の提出や卒業後の研究活動継続など、諸条件がありますので十分確認の上で出願して下さい。

納入金6年間総計 

31,410,000円

16,270,000円

 

半額になるけど、諸条件があるらしいし、また結構狭き門!

2名しか合格しないみたいだ、ところで。。。

諸条件とは一体なんぞや?

条件

1.入学の確約
 2次試験合格決定者は必ず入学することを条件とする

2.誓約書の提出
 入学金等の払い込み日までに、「誓約書」を提出するものとする

3.入学金及び第1期授業料の納入日
 一般入試(前期)と同日

4.学費
 正規学費のうち、以下の項目を減免する
 教育充実費(6年間)免除、授業料(6年間)半額免除
 ①減額分:教育充実費6年間免除で950万円+授業料6年間半額免除で
 564万円=1,514万円
 ②実質負担額:6年間で1,627万円(6年間の正規学費は3,141万円)

5.減免学費の返還
 学部卒業後10年以内に退職した場合、或いは学部もしくは大学院退学や大学院在学中に臨床医に転向した場合は、
 正規の学費との差額を退学或いは退職時に支払うものとする

6.大学院の課程終了後のキャリア形成について
 本学大学院の課程を終了後、学位を取得し、基礎医学系もしくは社会医学系教室の教員として研究活動を継続する。
 但し、大学院の課程を修了し、2年以内に学位が取得できない場合は、正規の学費を支払うものとする。 

ほう。。。よく分からん!

なんか新しい制度らしいということは分かった。

 

関西医科大学

学納金免除制度→一般入試(前期)第1次試験合格者のうち成績優秀者に対し、学納金のうち教育充実費(初年度100万円、次年度以降50万円)を全額免除(6年間)する。

学生奨学金(特別枠入学)→推薦入試特別枠で入学した学生に対し6年間、毎年100万円を限度に貸与する。

大阪府地域医療確保修学・研修資金→大阪府地域枠合格者5名に対し6年間、月額10万円を貸与する。

もっと詳しくホームページを見てみたらもっといっぱい種類があったが、ありすぎてよう分からんかった。

 

奨学金制度 |関西医科大学

特別枠で入学した学生に対し、在学する6年間、毎年100万円を限度に貸与します。
卒業後、本学での初期臨床研修期間と本学が指定する医師不足地域・診療科に勤務する期間を合わせて10年間勤務すれば、奨学金の返済を全額免除します。

3学年から研究医養成コースに選抜された学生(4名)に、3~6学年まで毎年100万円を4年間貸与します。
本学大学院に進学し、基礎社会系講座で研究活動を行ない、修了した者は奨学金の返済を全額免除します。
学業成績が優秀及び人物性行の良好な2~6学年の学生を対象として審査を経て給付します。 
給付額は月額5万円で各学年前年度の上位3名が対象となります。
 
とりあえず、いっぱいあり過ぎでよく分からんかった。。。
 

兵庫医科大学特待生制度→一般入試の成績上位者5名に対し、入学手続時納付金のうち実験実習費(50万円)、施設設備費(65万円)、教育充実費(100万円)相当を全額免除する。兵庫医科大学特定診療科医師養成奨学制度→以下の診療科を志望する3名に対し6年間、年間285万円を貸与。2018年2月13日に選考(面接)を行う。
*各指定診療科採用人数ー外科(肝・胆・膵外科、上部消化管外科、下部消化管外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、心臓血管外科、呼吸器外科、炎症性腸疾患外科)…1名、麻酔科・疼痛制御科…1名、救急科…1名兵庫県推薦入学制度→5名(予定)に対し、入学金・授業料等を貸与。卒後、医師として9年間、指定機関に勤務することにより返還を免除する。うん。これは結構分かりやすいかも!兵庫医科大学特待生制度一般入学試験の成績上位者5名を対象に、入学手続時納付金のうち実験実習費(50万円)、施設設備費(65万円)、教育充実費(100万円)相当を全額免除します。
※兵庫医科大学兵庫県推薦入学制度に選ばれたは場合は、兵庫医科大学特待生制度(実験実習費等の免除)は適用されません。

あくまでも一般入試で5人以下に入る!ということか。。。5人以下に入ってもあんま免除してくれへんな・・・でも、なんか勤務地や何科にするかで助成してくれる制度もあるっぽいね!

今まで私立の医学部を調べてみたけど国公立はどうなん?

結構ピンポイントで調べてみたけど、国公立はどうなのかということについて調べてみますわ。

入学金 授業料(1年分)
¥282,000 ¥535,800

 

ishin.kawai-juku.ac.jp

うわっ!400万いかないんかい!

全然ちゃうやないかい!

これがみんな国公立に行きたがる理由なのが分かったな〜

 

呆れるほど違うね

今まで特待とか奨学金とか語ってきたのが馬鹿らしくなるくらい、めっちゃ安いよな〜

 

学習内容は?〜あくまでも個人的な感想です〜

まあ、学費ももちろん重要ですが、内容ももちろん重要ですよね〜

人に寄るかもしれませんが、国公立で下宿するのと家から通える私立とでは

大して費用が変わらなかったとかという話もあるかもしれませんし、

医学部に関しては6年間通うものなので、授業内容も重要ですしね〜

 

個人的な感想

国公立は他の学部の人ももちろんいる訳ですし、総合大学なので一人一人に対して手厚くないのかもしれませんし、1・2年は一般教養などカリキュラムに融通が利かない場合が多いのですが、

単科大学や私立大学の場合は1年生の時から医療の勉強をするなどある程度独自のカリキュラムをすることが出来るので、やり甲斐はある部分もあるのかもしれませんし、医師国家試験対策も手厚くしてくれますよかね?

まあ、国公立受かる人は多分手厚く対策されなくても医師国家試験受かるんでしょうが・・・ね。

 

自分の場合は〜と考えてます。

 

まとめ

私立は私立の良さ国公立は国公立の良さがそれぞれありますが、

自分はどっちが向いているのかなど考えてみてということで・・・

あとは防衛医大などは授業料は無料ですが9年間僻地や地方などで勤務しないといけないという規則があるので、

時間で払うという方法もありますね!