Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!



ドキュメント72〜「島へ山へ走る図書館」を観てみて〜

http://drivethru.jp/wp-content/uploads/2015/07/10561692_588667181254395_8886927858454017323_n.jpg

こんにちは!

 

今回は私が好きな番組なんですが、最近観ておらず、久しぶりに観て感動した部分もあったためブログに書きます!

 

そもそもドキュメント72とは?

本番組は、毎回ある1つの場所で72時間(3日間)に渡って取材を行い、そこで見られるさまざまな人間模様を定点観測するという趣向のNHK総合テレビで放送されている ドキュメンタリー番組 

ドキュメント72時間 - Wikipedia

 

毎週金曜日の

 

「島へ 山へ 走る図書館」

およそ2800冊の本を積んで松山市内を走るトラック。40年以上の歴史がある「移動図書館」だ。過疎が進む山間部から、フェリーに乗って島へと渡り、人々に本を届ける。全国的には少なくなった移動図書館だが、なぜか松山では利用者が増えている。定年後、趣味を見つけようと通い始めた夫婦。「いつまでも学びたい」とやってくるお年寄り。どんな人が、どんな本を借りていくのか。移動図書館に密着し、本をめぐるドラマを探る。 

www4.nhk.or.jp

上記のURLから動画も見れますので、ぜひ!

 

 

感想!

今まであまりドキュメント番組を観たことがなく、わざわざ観ようとしてなかったのですが、今回久しぶりに観て、めっちゃ感動したのでレビューとして記事を書こうと思いました。

 

今回は移動式図書館というテーマで72時間つまり3日間 密着していたのですが、その中で驚いたことを紹介していきます。

 

島には図書館がない!

確かに!

といった印象でしたが、実際に島に住んだこともなく考えたこともなかったのですが、言われてみれば確かに図書館が作れるほど人口が少ない島もあるな〜と改めて認識しました。

 

島には、人口も少ないといった点からサービスが行き届かなかったり、仕事がなかったり・・・

といった問題点も考えさせられました。

 

バスみたいに移動式なので超時刻遵守!

めっちゃ驚きました!

1人もお客さんが来なくても、定時になれば島のあちこちを行き来します。

だから本当にバスみたいなんです!

なんか勝手なイメージなんですが、島は結構時間にルーズなんかな〜って思ってたんですが、超定時でした。

勝手にルーズだと決めつけてすみません。。。

 

生まれて初めて図書カードを作ったおじいさんに感動した!

島で生まれて島で育ってきたおじいさんが生まれて初めて図書カードを作って本を借りにきていた姿も紹介されていました。

今まで本を借りて読んだことがなかった人が、目を輝かせながら図書カード片手に移動式図書館に行って本を借りる

その人は今まであまり本を読んでこなかったのかもしれませんが、

図書館にあるたくさんの本から自分の読みたい本を選び、図書カードに借りた本の名前を書く。

 

なんか子どもの頃に返ったかのような笑顔でインタビューを受けていた姿に感動しました。

 

 

 他の国でも移動式図書館はあるみたい!

greenz.jp

今回はローラ=モールトンのユニークなソーシャルプロジェクトをご紹介。彼女は図書館を利用することができない地域の人々でも、本を借りることができるように、なんと移動式の図書館を運営しています!
ペダルのついた図書館を漕いで、街の様々なところへ。本を借りたい人は、彼女に名前を伝えれば、誰でも1冊の本を1週間借りることができます。

 

彼女一人がが移動式図書館を運営されているのにまず驚いたのですが、

自転車を漕いで移動するみたいです!

彼女の人柄が本の返却率と繋がっていてこの移動式図書館の運営を続けられているみたいです!

興味深いですよね!

彼女がいかに愛されていて移動式図書館を続けて欲しいと願っている人が多いか伺えますね〜

 

まとめ

移動式図書館という点から島のサービスについても興味を持ちました。

島には、人口も少ないといった点からサービスが行き届かなかったり、仕事がなかったり・・・といった問題点も考えさせられました。

と前述しましたが、おいおい調べてみたいなと思います。

医療サービスやタクシーなどの移動手段なども調べたいです!

また記事書きますね〜

では!

読者登録と広告クリックお願いします!