Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!



やる気ってどっから出るの?

f:id:kobayashinitya:20180529154509j:plain

こんにちは!

高校生ブロガーです。

 

今回はとあるブログを読んで、自分なりに何となくやる気について語ってみたいと思います。

そのとあるブログというのは・・・

yamaguchimasashi.com

yamaguchimasashi.com

要約すると・・・

行動することは頭の中で思っているよりずっと難しい。

頭の中で考えて想像することと実際にやることそしてやりきることは全然違う!

・現実
「思いつかない」<<<<「思う」=「言う」<<<<「やる」<「やり切る」

 それが分かってないと、自分の中での理想と現実のギャップに打ちのめされる

 

そうならないようには

挑戦した自分をほめる・そしてそこから自分を知ること

「言う」の誘惑に負けない

「失敗を恐れないために、失敗に慣れましょう」

 

それを読んでみて「やる気」について考えてみた

なんかそもそもやる気ってどこから起こってくるんだろう・・・

と漠然と考えてしまってたんですが、いろいろなやる気を起こさせるための本も読みました。

 

その中で、達成感という言葉が出てきました。

達成感があると良いらしい〜

そうはいっても口でやるというのと実際にやりきることと頭の中で想像しているよりずっと大きいこと。

 

達成感ってどこで味わうことが出来るのかよく分からなかったが、、、

「夢をかなえるゾウ」という本を読んでいた時にアドバイスされていたことは

毎日自分を褒めろ!

というものでした。

自分を褒めるというのはなかなか難しいことですが、1日の終わりに自分の今日良かったことを褒めるということで達成感というものが味わうことが出来るのではないかと思いました。

 

自分を褒めると自分の良いところを挙げていくというのとだいぶ似通ってきましたね!

 

自分を肯定することによって達成感は起きるのかもしれませんが、、、

 

人と競争してみる!

これは結構荒業というか勇気のいることかもしれませんが、

人と比べてみて自分の方が優っていたら優越感は得られますよね〜

でも自分の方が劣っていたら劣等感が大きくなります。

ただでさえ劣等感が大きいのに・・・これ以上傷つくのは嫌ですが、

その分、賭けに出たぶん優越感も自分を褒めるよりかは得られますね!

 

でも負けた時の打撃は大きいし、勝ったとしてもその人よりも強い相手と戦わないといけないということで、終わらない無限ループが繰り返されますな!

ということで競争好きな人にとっては良いのかもしれません!

 

まとめ

今回やる気という壮大なテーマについて語ってきましたが、これは現代社会や子ども教育に関しても通じるところが出てくると思います。

いかにして、部下に対してプロジェクトに対してやる気を起こさせるか?

また、子どもに対してどのように勉強をさせるか? etc.  

 

また詳しく掘り下げていきたいと思います! 

広告クリックの方よろしくお願いします!高校生のやる気につながります!