Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!



居場所について語ってみた〜高校生同士の会話〜

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSP6YsvDUbK16EpFbnVheeUwYeoSa9Aw8wC7xzdn32Zr-UrYNdO

こんにちは!小林です。

今回は、学生団体Akiraについて初めてのミーティングだったので、そのことについて覚えている範囲で書いて行こうと思い、ブログ更新していきます!

お相手は?

元祖Hカップ中学生として活動していて、最近クラウドファンディングを大成功させた永遠さん!

Twitterはこちらから!

益山 とわ/8日エデン名古屋 (@for_ever_82_) | Twitter

なんか記事にも取り上げられていてとにかく凄い行動力の一言につきます。。。

new.akind.center

また、クラウドファンディングで大きい胸の人のために下着ブランドを創るという内容でなんと80万円以上を集めたとか!

今の時代のクラウドファンディングというツールと、それを使い熟す永遠さんの情報の素早さと行動力の賜物ですね!

前に、若いからこそ出来ることって多いということを聞きました。

ある意味、無知で失敗しても失うものがあまりないので、

行動力があれば小規模からでも行動できるというものです。

また、今の時代はITやインターネットが普及していて、

すぐに情報を集めることができるため起業へのハードルが下がったとも言われています。

しかし、自分のしたいことに対して行動するというのはいつの時代になっても簡単にできることではないと思うので、

凄いの一言ですね・・・

camp-fire.jp

永遠さんが中心となり学生団体Akiraを設立し、

今は12名のメンバーがいます。

まだまだ始まったばかりなのですが、もはや何かのプロジェクトが動く予感がします・・・😀

 

ということで今回語ったことについてまとめてみます!

居場所ってどんな定義?

安らげる場所」「自由な時間」「日常から離れられる場所」「た まり場」(「仕事と家庭以外の場所・時間」「生 き生きとすごせる場所・時間」

居場所の定義として挙げられているもの - 感情と空間

らしいですが、

居場所と一言で言っても

実際に会える場所(リアルな場所)を作るのかネット上でのコミュニティにするのかについて

話しました。

 

個人的な意見としては、現実可能か不可能かは置いといて、実際にリアルな場所を用意してそこで悩みを打ち明けられる環境を作る方が居場所という言葉について合っているのかなと、

また、活字だけのネット上でのコミュニティでは自分の想いや相手の想いを感じにくいのではないか?

やはり実際に会って話さないと相手がどんな人なのか?

この人なら安心して話せると思えるまで時間がかかりますし、なかなかそれをネット上でやるとしても難しい面が多いと思い、

実際に出会える場所やイベントを開催したいと考えました。

 

一方永遠さんの場合は、部門ごとに集まった方がいいのではないかという意見でした。

今現在、名古屋 東京 大阪 にメンバーが住んでいるのでその人たちが一箇所に集まるというのが学生だし時間もお金もないし物理的に難しいといった面からネット上で開催した方がいいのではないかという考えでした。

 

居場所を作りたいと思っていてもどうやって居場所を作るのかについてはもっと具体的に考えていかないといけないかな〜っていう印象です。

なぜ居場所を作りたいのか?

  • 生きる意味を探すことが生きる意味だということ。
  • なんで生きてるんだろ?といった人生の課題が生きる意味を探すこと。
  • 自分を大切に価値付けをするということ。
  • 自分のポジションを確立するということ。

それを与えるのが居場所ではないのか?

と考える永遠さんは語ってました。

 

一方、自分は居場所を作ることについて

  • 失敗しても戻ってこれる場所
  • 自分を知るために色々な知識や経験をするようにAssistすること
  • 何があっても肯定的に見守ってくれる場所

自分が参考にしているブログで失敗について語っていた回があったのですが、

失敗って誰もが経験するものです。

しかし、失敗を受け入れてくれる場所が少ないのでなかなか思い切って失敗できない。行動できない。

そういったことがあまり良くないと思うので、どんどん失敗できるような居場所を作ることが目標です。

 

要するに「優しいおじいちゃん」(ちびまる子ちゃんの友蔵みたいな・・・)感じをイメージしていただければと思います。

yamaguchimasashi.com

まとめ

1ページには収まらなかったのでまた、次回に分けて公開します!

よろしく! 

続きの記事はこちら

www.kobayashinitya.xyz