Stay Positive プログラミング奮闘記

誰かしらに何気ない気づきを!

高校生の古文の勉強の始め方〜スタートラインに立つまで〜

こんにちは!

この前、高認受けて、血迷っている高校生ブロガーです。

今は、古文と漢文に行き詰まり、難しいと思いながらも歩みを進めている人間です。

私の体験やこうしたら覚えやすくなるということを自分自身の備忘録としても活用させるためにも、まとめていきます。

※全ての人に対してこの覚え方があてはまるという確証はございませんが、

勘ではなく、論理的に古文を覚えて、確信を持って選択肢を選びたいという方向けです。

 

そもそもなんで古文って難しいの?

古文の文章は、現代語と違う部分がとても多いです。

だから、古文の勉強をしなければなりません。

もっと細かく分けていくと、

古文の文法が難しい!

古文の文法は、私たちが今使っている現代語(口語)とは違い文語です。

よって活用が違ってきます。

しかし、現代語(口語)と古文の文法(文語)を関連づけて覚えることによって、頭に入りやすくなります!

 

例えば、「走る」という動詞

現代語の動詞では

「未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形」

 となります。

未然形にすれば、活用の種類がわかります!

この場合「走らない」となりますね。

よってラ行五段活用動詞になります。

古文の動詞では

「未然形、連用形、終止形、連体形、已然形、命令形」

となります。

「走る」はラ行四段活用動詞になります。

 

もっと見てみます!

「蹴る」という動詞

現代文の場合は

未然形「蹴らない」となり、ラ行五段活用動詞です。

古文の場合は

未然形は「蹴ず」となり、カ行下一段活用動詞です。

 

また、古文は助動詞が醍醐味なので(意味がたくさんあるので)

注意してみていかないと全然違う意味として捉えてしまうので冷静に判断しないといけないですね〜

そのためには、文章題で流れで読んでいくという訓練が必要で

今特訓中です、、、

 

まとめ

www.kobayashinitya.xyz

「食べれる」「食べられる」について語っている回があるのでぜひ参照してください!